FX(外国為替証拠金取引)の面白さは単品の投資の商品であるにもかかわらず資金投下の期間を短い・普通・長いの3つの期間からどれをセレクトするのかということにより、資本の投下の仕方がまったく変わってくるということにあると言われます。1番目に外国の貨幣へ投資の「長期の投資」を見てみましょう。長期の投資というのは、一年以上の長期投資を想定しています。一般的に為替相場においては一年以上先々の相場が円高でしょうか、もしくは円安だろうかを連想することは、普通は苦難なはずです。実際のところ、「そこまで先の情勢は予想できない」となるのが普通だと思います。考えられないことを頭を悩ませて考えようと努力したところで、それは無謀なことです。したがって外貨を買ったと仮定して、買ったタイミングのレートよりも円高になってしまっても、近いうちに戻ってくるはずだという軽い意識で売買に臨む必要があります。利益を熱心に大きくすることに限らず、別の利益要するにスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を大きくするということを、一番の目的と決めて始めてみましょう。無論短期的に為替変動の為の損がかなり膨らむこともあります。したがって、こういうケースのようなマイナスでも問題ないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を最小限にやり取りすることが大切です。FX(外国為替証拠金取引)は、為替差損がある金額を上回って増大してしまうと追加保証金を求められたり、それとも損切りになったりします。ストップロスになったらすぐに売買を打ち切りせざるを得なくなり長期の取引をできなくなります。このようなリスクを回避するには、レバレッジ2、3倍で売買するのが良いでしょう。次は中期スタンスを狙ったトレードを考えてみましょう。中期のスタンスにおいては1、2ヶ月程度後を予想しての売り買いをします。為替のトレードの際は、1ヶ月ほど後のことであれば、だいたいの場合想定可能でしょう。G7の類の会議の内容や、為替の市場に参加している人たちがどんな事柄に着目しているかを確認すれば、ほとんどの場合先読みできるでしょう。上記のように経済情勢をチェックしながらなおチャートを参考にすることによって為替のレベルを理解する事ができ、どちらのポジションかを見極める方がいいと思います。基本的に経済の基礎的条件とテクニカルのどっちも良い状態でありまたは買いが同じであればほとんどの場合ジャッジした通りに変動すると思って良いのです。その時はポジションを増やしておけばより一層多くの儲けを期待できるはずです。3つ目に短期スタンスのコツ。ここでの短期のトレードとは言い換えればデイトレーディングを指しています。為替市場でデイトレーディングを行う場合はファンダメンタルズは関わりがないと言い切れます。どうしてかというと明日の為替レートの動向に経済の状態は反映されないからです。ここでの一番のコツは大規模な催しがあることで、そのために為替相場が変動する機会を待って行動しましょう。例を挙げると、アメリカ合衆国にて雇用の統計が公示されるそれとも金融政策等により制作金利が変動するというようなイベント。こんな大事な機会に動きをものにするといった理由から、短期のトレードは様々な知識が求められる。