現代の学校に通う子供達が「先生の事を敬わなくなくなった」と言われて久しいです。 かつて学校の先生と言えば「先生とは自分達に勉強を教えてくれる「偉い人」」という認識が当たり前でした。 それが今では学校の先生が子供達にとっては「友達」や「家族」の様なフランクな関係意識を持たれる様に変わってしまいました。 この様な学校の教師に対する子供達の意識の変遷は何が原因となって現在の様な状態になってしまったのでしょうか。 原因の一つして挙げられているのが「子供が大人を敬わなくなってしまった」事が挙げられています。 インターネットで顔が見えない状態で掲示板などで他者を攻撃する「煽り」が当たり前の様に行われている状況を見た子供達は「ネット上で大人でも子供でも無差別に他者を見下して攻撃する」事を真似て行う様になり、それが「大人を蔑む、見下す」事に繋がって「大人の事を敬わなくなった」との見方があります。 この「ネットの影響で子供達が大人を蔑む」現象についてはこの状況を危惧した大人から「子供達にネットリテラシーの教育をするべきだ」との声が出てきています。