皆さんはクイズヘキサゴンというテレビ番組を覚えているでしょうか? 元々ヘキサゴンは深夜にやっており、ルールも全く違うものでした。 深夜にやっていたときのルールはゴールデンでやっていたチーム戦 の要素はなく、6人の出場者で競い合う個人戦で、 その内容も単純なクイズを出して正解という形ではなく 正解者と不正解者を見つけ出すゲームで、心理戦の要素が面白く 今までにないクイズ番組で非常に面白かった思い出があります。 これがゴールデンに進出した事でがらりと変わる事になる。 まず、上述で書いたように個人戦から団体戦にし、心理戦の要素 を一切排除してわかりやすさを重視した形にしました。 ゴールデン帯に移行したヘキサゴンはクイズ番組というより エンターテイメント色が強すぎて、おバカ3人組で歌を出したりしてました。 別にこれを悪いとは言いませんが、歌が売れ出してからはクイズのおまけの歌でなく 歌のおまけのクイズになり下がっており、もはや全くの別番組になってました。 確かにこの番組は一定の成功はしたとおもいます。 ただこれはクイズ番組としての成功ではなくエンターテイメント番組 としての成功だと言えるでしょう。 わたしはどっちが好きかというと深夜 でやってた形のヘキサゴンの方が クイズ番組としては断然面白いと思います。