一般にはクレジットカードの上限金額がご自身が普段払うよりゆるめに設定されていると人間は余裕だと誤解して必要よりもカードで払ってしまったりするものです。77-20-144

こうしたクレカへの過度の依存を避けるためクレジットカードの限度額を自主的に低レベルに申し込んでおこう・・・という意見が、これから記す文の主旨となります。77-13-144

カードの限度額を減らす方法:カードの月の限度額を引き下げるには月の利用限度額を多めに設定する手順といっしょでとてもシンプルです。77-3-144

裏面に書かれている専用窓口に問い合わせて「限度額をもっと低くしてもらいたいです」というふうに担当者へ指示するだけです。77-10-144

すでにある利用限度額に比べ少ない上限であれば手続きもなくすぐに限度額の引き下げが終わります。77-12-144

月の利用限度額を少なくしておくのは危険を避けることに結びつく◎月ごとの限度額引き下げは自己統制等の益は言うまでもなく自分を守ることにもなります。77-15-144

もし、あなたのカードが悪意のある人物に勝手に使用されるとしても、普段からクレカの月の利用限度額を低めに決めておくようにすれば実害をなるべく避けるように可能なためです。77-7-144

安心して欲しいのは、もしカードが勝手に使用されることになったトラブルでもクレジットカードの所有者に詐欺に加担するようなことにあたることがない限り、盗難保険として知られている機能が利用者を守ってくれるので不安を感じることはないんですが数パーセントの可能性のことを考え、設定が高いならば月ごとの限度額は低くしておくと良いでしょう。77-16-144

使い切らない余裕はデメリットでしかないのです。77-17-144

77-1-144