ペットを飼い始めて必ず訪れる悲しい別れ、愛する物を失う辛さをペットロスと言います。草花木果

酷い時はうつ状態にもなるそうです。草花木果

私もかつて経験しました。カニ通販年末年始

16歳まで長生きしてくれた最初の犬を失った時は、人と喋る元気を無くしたものです。ミドリムシナチュラルリッチ

でもある日、動物病院の先生に言われました。かわいいケーキ 通販

「いつまでもお母さんが悲しんでいると、亡くなったワンコが安心して天国に行けない」と。

それで次の犬を飼うことにしました。

罪悪感は感じませんでした。

十分に看取ったと思えたからです。

それを理解してくれたから、動物病院の先生は私にそう言ってくれたのだと思います。

もし別れが辛いからもうペットは飼わないというのなら、別れが来た時に後悔しないように、精一杯愛してあげればいいと思います。

犬はたった15年という短い命ですが、その何倍もの幸せを運んできてくれます。

今いるワンコたちがもしいなくなったら、考えたくないですが、やはりまた飼うと思います。

ペットロスという喪失感に耐えられないからです。

でもそれまではペットのいる暮らしを満喫して、2匹のワンコたちを幸せにしたいと願っています。