借金などの支払い内容というものはカード会社各個で随分ずれというものがあっていろんな方法が導入されてます。76-12-144

基本的なところでは残高スライド法やリボルディング払い方式などがとられているようです。76-18-144

そしてかくのごとき誰しもが知ってるリボルディング払いですが本当のことを言えば算定には多様な様式というものがあったりします。76-6-144

ですからさよう種別によっては返済トータルが変わってしまうので知っていて損をするようなことはないと思います。76-17-144

じゃあやさしくこれらのやり方の相違についてを解説しましょう。76-8-144

一つは元金均等払いで、次は元利均等払いというものです。76-14-144

それぞれそう呼ばれているように、元金を均分に払っていくのと、元金と利子に関して全部で均分に支払っていく方法です。76-11-144

今回は仮に10万円を借り入れたというように実際問題としてどんな計算をするかやってみましょう。76-2-144

利率についてはどちらも15%と設定して試算します。76-20-144

更にまたリボ払いについての引き落としは1万円と仮定し計算します。76-1-144

ともかく元金均等払いです。

この事例の1回目の支払いは1万円に対して利子分の1250円を足した支払になります。

次の支払いについては1万円に対して利息の1125円を合計した引き落としとなるのです。

このようにして総回数10回にて支払いを完了させるという方法となります。

一方、元利均等払いというものは最初の返済については1万円でそこから元金へ8750円、利子に1250円と言うように割り振りをします。

2回目の支払いについては元金が8750円へと減少した状態にて金利を算定して、その1万円から更にまた割り振ります。

言い換えれば元利均等払いの事例は10回で引き落しが終了しない算定になるのです。

これだけの相違で双方がどれぐらい異なってるのかがたっぷりとわかってもらえたでしょう。

元利均等というのは元金均等に比べ、はっきりと元本が縮小するのが遅延していると言う不具合があったりします。

即ち利息といったものを余分に支払うといった状況になります。

反面、初回の支払が少額ですむといったメリットというものも存在したりするのです。

かくのごとき引き落し方式などの違いに呼応して引き落し金額が異なってくるので自身の好みに合致した使用法を採用するようにしてください。