クレカの没収と言われるのは、名前の通り有無を言わさずにカードを退会(停止)されてしまうこと。80-10-144

強制失効された場合には当たり前だが当該カードはその時点以降は決済できなくなります。80-11-144

没収扱いとなるケースは多岐に渡る・・・クレカを有無を言わさずに失効となってしまう事象は色々です。80-18-144

通常ではショッピングにて切る等普通にクレカを切っている際においては、みなさんが強制失効となる事象などというものはまずありませんので心配なさらずにいて頂きたいと思いますが強制失効となるかもしれない原因というものを頭に入れておくことでクレジットカードをより健全に使えるようになると考えるため、後の文章ではケースの具体的な話を取り上げ記載できたらなと思う。80-7-144

何をおいてもまず言えることはカード発行会社に向かって信用がなくなるような行動をしたりやカードの発行会社に対して損となってしまうような愚行をしないでおけばよほどのことがない限り強制退会などということはないと言ってよいでしょう。80-4-144

気持よく利用することが最も重要なため、すでに当てはまる取引をしたことがおありの読者がいらっしゃればこれから十分信用できるデータにするように考えて頂きたいと思います。80-6-144

そもそもクレジットカードの請求を支払いしない:こんなことは甚だ論外のお話ではありますがクレジットカードで使った代金をクレジットカードの発行会社に支払わない利用料の不払いをする場合、または日頃からの借金生活のため代金の弁済が滞ってしまうといった時には絶対強制退会となるでしょう。80-16-144

元を正すとクレジット発行会社はあなた自身を信用することでクレカを渡しているのであるからユーザーが支払いをできない限りにおいては信用性は完全に崩れてしまうのです。80-2-144

その結果、クレジットカードを使用不可にするという手続きでその後の被害拡大を阻止する対策を講じるので、失効になってしまいます。80-19-144

80-20-144