一般的な初心者用のFX取引の情報では、「損失が生じた時にはナンピンによってポジションの平均を価格を抑える」などと述べられていたりする事もありますが、実際はナンピンにはかなり大きな隠れたリスクが待ち受けています。嘘の戦争 動画 最終回

まずは、ナンピンの仕組みについて述べます。デリケートゾーン 外陰 かゆみ

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。夫の同意書が不要、会社への在籍確認なしの専業主婦借入可能なカードローン一覧

$(ドル)買いだから、円安に動くほど利益が大きくなるわけですが思っていたのとは逆に1ドルが95円までドル安方向に向ったとします。エマルジョンリムーバー

そのままの場合ポジションを所有し続けたら、利益がでるためには損した分、ドル高に動く必要があります。スソガ・チチガ・ワキガの百科事典 | 女性臭いチェック原因対策治療手術のすべて

誰もが、マイナスは出来るだけ早く無くしたいと願います。

この状況を乗り切るためはじめに買ったのと同じ額の$を、1ドル95円で取引します。

そうすると、ポジションの買い付け単価は97円50銭まで低くする事が出来ます。

要するに、半分の幅で円安が進行すれば損を失くせます。

こういったことがナンピン買いの手法です。

このとおり、ナンピンの理論をみると「確かに」と考えたりするが、外国為替市場は容易には問屋を卸してくれない。

そもそも、1ドル95円が底値だということなど、誰にも分かりません。

もし、外国為替市場が強い円高の流れだとしたら95円では収まることなくさらに円高に進む可能性がある。

例として、97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず、95円まで円高が進んだら、ナンピン買いをした分についてもマイナスが生じます。

そういう状態では初めに保有したポジションと全部でダブルで差損を被ります。

例示したとおり、ナンピン買いは厄介です。

それでは、マーケットが自分自身の筋書きとは反対の方向にさっと進む場合どのようなやり方で危険の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

そこで選べる道は2つしかありません。

ひとつめは執着しないで、損切りをすること。

もうひとつの手段としては所持しているポジションを減らす事でもう一回市場が回復するのをひたすら待機する事です。

だいぶ主体性のないやり方だとみる投資家もいると思います。

しかし、買いポジションにマイナスが出た場合妥当な方法はこれ以外には期待できない。

勿論、ロジックのうえでは、ナンピン買いするという対策もありえます。

しかしナンピン買いは損失を出しているのに、ポジションを縮小するどころか、それとは逆にポジションを重ねていく手法です。

この考え方では、リスクを管理することなど到底できないと考えたほうがいいです。

ナンピンをしていけばやがてはマイナスがプラスになるかもしれません。

でも、そうなる前にお金がショートしてしまうだろう。